心の羽根~瞳の奥の記憶~

鳥たちの恋ソング

「心の羽根 〜瞳の奥の記憶〜」

作詞:あおのそら

 

 

森の静けさはやがて
空が騒ぎ始める予感

初めて見る世界は
心きらめく気持ち

見たもの感じたもの
全てが新しく映って

見わたす空はいつも
果てしない恋の物語

羽根を休めていた
あなたと私

引き寄せ合う
心と心

肩を抱き寄せて
目と目を瞑ったまま

恋人のように
手と手を絡ませて

瞳の奥の記憶
想い重ねて

二人で語った夢
誓い合った言葉

また逢えるなら
心は弾け飛んでいくよ

どこまでも続く未来
心の羽根を広げて

 

 


雨宿りの木の下で
また巡り逢えたね

二人の距離は
離れては近づいて

想えば想うほど
胸がときめいて

知れば知るほど
好きになる

羽根が濡れていた
あなたと私

お互いを信じ合う
心と心

二人抱き合い
目と目を見つめたまま

ぎゅっと繋いだ
手と手を離さないで

瞳の奥の記憶
想い綴って

二人が出逢った場所
心の奥で夢見た世界

高い壁があっても
きっと乗り越えられる

どこまでも続く星空
心の羽根を広げて

 

 

 

あなたに会ったその日から
だんだん好きになって

あなたの優しさや人柄に
惹かれていくよ

勇気を持って
愛してると伝えたくて

瞳の奥の記憶
心の羽根を広げて